やってみよう!誰でもできる簡単な心臓病予防

ストレスを溜めすぎないようにしましょう

ストレス社会とも言われる現代でストレス解消は心臓や自律神経への負担を軽くしてくれます。好きなことや趣味に没頭する事で、自分自身を仕事などの煩わしい日常から解放してあげましょう。医学的にもガーデニング、手芸、楽器演奏などの趣味を持つことで楽しむ時間が増え、ストレス解消により心臓病にかかるリスクが低くなる事がわかっているんですよ。 また、何か疲れたなと感じたら思い切って休むことで心身のエ ネルギーを取り戻せます。焦らず、怒らない、明日できることは今日しない、という精神で、のんびりと着実な生活リズムをつくりましょう。

食習慣から血液を綺麗な状態に

心臓病の原因として血液がドロドロになったり、つまったりするなどが挙げられます。このような状態にならないように、血液中のコレステロールの量をコントロールしましょう。お菓子類やファーストフードに多く含まれる飽和脂肪酸の摂り過ぎに注意して、ビタミン類が豊富に含まれる野菜や果物を積極的に摂ると良いですよ。また、魚に含まれるEPAと呼ばれる脂肪酸は医学的にも心臓病の予防に役立つと認められているため、毎日摂取する事が難しい場合はサプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

定期的な運動で心臓病を予防しましょう

軽い運動が心臓病の予防となりますよ。具体的にはウォーキングやジョギング、サイクリングのような持続的な運動を週3~4回30分以上、可能なら毎日30分程度すればよいでしょう。筋肉トレーニングのような呼吸を止めるような運動は心臓に負担がかかるので控えた方が良いですよ。また早朝や深夜は、血液がしている事が多いので、日中の運動をおすすめします。通勤時一つ前の駅で降りて歩いてみたり、エスカレーターを使わず階段を利用したり、日頃の生活を見直すだけでも身体を動かす事ができ、心臓病の予防になりますよ。

僧帽弁閉鎖不全症は心臓の中にある弁の一種の僧房弁が閉まらなくなり、血液が逆流する状態を指します。他の心臓病と併発するケースが多いので、心臓病の治療を適切に行うことが状態改善に繋がります。