MRIとはどのような医療機器なの?基本情報について

MRIの基本について知ろう

具合が悪くなり病院に行くと様々な医療機器で検査が行われますよね。検査に使われる医療機器の中にMRIがあります。MRIで検査を受けたことがあるけど実際に何が行われているのか、どのような機器なのかを知らない人の方が多いと思います。MRIとはMagneticResnanceImagingの略称であり、日本語では磁気共鳴画像と呼ばれているのですよ。名前の通り磁気を使って身体の中の画像を撮影する医療機器なのですよ。

病気の原因を見つける事ができる

MRIを使う事によって身体の内部にある病気を見つける事ができるのです。磁場を利用することによって身体の内部の画像を撮影する事ができるのですよ。レントゲンなどでは写りにくい部分も撮影する事ができると言われています。脳の中や脊椎、子宮などを撮影することによって病気になっていないかなどを知ることができるのですよ。MRIを使えば病気を早期発見することもでき、症状が悪化してしまう前に治療する事が可能なのです。

MRIの注意事項について

MRI検査は磁気を使っているため、磁気を乱してしまう貴金属を身に着けたままであったり、また身体にペースメーカーや骨の固定の為ボルトが入っている場合には検査できない事があります。またMRIは狭いドーム状になっているので閉所恐怖症の方などは圧迫感や恐怖感が出てしまう場合もあるのですよ。また検査が始まると大きな音が聞こえてくるため気分が悪くなってしまう人もいるようです。そのような時には無理をせずに医師に伝えるようにしましょう。

医療用水設備は一般的な設備と比べて、より厳格な衛生管理が必要になります。特に水の濾過や循環に関する設備は僅かな汚れも生じないようにこまめに清掃を行うことが大切です。