X線被曝の心配はないの?MRIとは何か?

X線はいらない医療機器MRI

X線を使うレントゲン装置というのはよく知られている医療機器であり、多くの人が知っているものですよね。人間ドックや定期健康診断などでは胸部レントゲン写真を撮影するので、そこから理解している人も多いでしょう。その連想から、身体の内部を写せるMRIもまたX線を使う医療機器ではないかと考えてしまう人もいます。しかし、MRIは核磁気共鳴を利用した測定装置であり、身体にあてられるものは磁場であってX線ではありません。

X線が懸念される理由とMRI

医療機器で身体の内部を見る際に、X線を使っているのではないかと気にする人は多いものです。これは癌とのつながりが指摘されているからであり、一定以上の被曝をしていると癌になりやすくなってしまうと言われているからでしょう。そういった懸念からMRIもX線を使っているのではないかと懸念する人が多いのです。特に妊婦の場合には胎児への影響が大きいとされていることから、知らない装置を使うとなるとX線の被曝をどうしても気にしてしまいがちになります。

磁場を使うMRIの影響

MRIはX線を使わないという点でより安全な医療機器であり、妊婦であっても安全に使えると言われています。強力な磁場を用いて測定を行うものの、磁場は人体には悪影響を与えないと考えられていることから、積極的に利用されることが多い診断方法としての地位があるのです。頻繁に利用されているにもかかわらず、MRIが原因となって身体の調子が悪くなったという症例報告がないことがその根拠となっています。安心して受けられる診断法として理解しておくと良いでしょう。

RO装置を導入すれば医療の現場で使う水を水道水の不純物を除去して精製出来るので、コストを抑えたい場合にはメリットは大きいです。